部屋探しならリノベーションをチェック~ワクワク物件~

不動産

新築同様で安い

リノベーション物件を選ぶときの注意点

近年、新築物件よりも比較的価格の安いリノベーション物件が注目されています。リノベーション物件とは既存の中古物件を大規模に改装することにより建築物の価値を高めた物件のことで、立地の面からも物件の選択の幅が広がるメリットがあります。また、投資用マンションの所有者にとっても、改装してリノベーション物件として賃貸することで、建て替えるよりもはるかに少ない費用で賃料アップが見込めます。しかし、リノベーション物件の中には、見た目は新築同様のものでも築年数が古い物件である場合も多く、耐久性に不安がある可能性もあります。したがって、リノベーション物件を選ぶ際には、不動産業者や建築施工業者を通じて、建物の見えない部分の構造や耐震性能等も確認しておくことが重要です。

リノベーションについて知っておくべきこと

一般に、所有する建物をリノベーションするときは住宅ローンを利用できないことが多く、無担保で金利の高いリフォームローンの利用が必要となります。しかし、改装済みのリノベーション物件を購入する場合は住宅ローンを利用できるので、比較的安い金利でローンを組むことが可能です。リノベーション物件は、自分で中古物件を購入した後でリフォームやリノベーションの依頼をするよりも費用が安く済むという利点があります。また、施工に要する期間も不要なため、購入後すぐに入居することができます。リノベーション物件を購入する時は事前に状態を確認しておくことが必要ですが、リノベーション物件がマンションの場合には、専有部分だけでなく共用部分や設備等も内覧時に良く確認しておくのが良いでしょう。