部屋探しならリノベーションをチェック~ワクワク物件~

不動産

技術の進化

リノベーションが注目されています

エコが非常に重要になっている現代社会。持続可能性の社会を実現することは現代に生きる私達にとって使命とも言えるものです。そのような時代にあって現在住宅業界で注目されているものがあります。それはリノベーション。これまでの日本の住宅は良くも悪くもスクラップアンドビルドが一般的でした。新しく家を建て、古くなれば取り壊し、そしてまた家を建てる。このスクラップアンドビルドを繰り返すことにより、日本の住宅は供給され続けてきましたが、資源の無駄使いだとの指摘は前からありました。そして現代ではエコの意識の向上、または技術の進化によりこのスクラップアンドビルドが見直されつつあります。そこで注目されているのがリノベーション物件です。

リノベーション物件の注意点

リノベーション物件では、元々使用されているまだ使える資材を再利用するため、新築住宅に比べ用意するべき資材が少なくて済みます。またこれにより建築費も安くなることが一般的です。ではリノベーション物件とはどのようにしてできるのでしょうか。一般的にリノベーション物件では、一旦構造躯体だけの状態に解体します。これはスケルトン工法と呼ばれ、この構造だけの状態にすることにより、構造に問題がないか確認ができる上、建物を刷新することが可能です。構造を確認した後、電気や水道の配管や配線を行いながら、外装や内装を作っていくことが一般的です。そこでリノベーション物件で注意したいのが、構造をきちんと確認したかどうかです。表面だけを綺麗にしただけでは意味がありません。その後20年、30年維持できる建物にするためには、耐震性を含め構造をきちんと確認することが重要です。